しんりの手 fc2
心理学のニュースを紹介。心理学をビジネスに活かす相談を受け付けています。
Google  
Web | しんりの手 fc2 | しんりの手 アメブロ |
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
統合失調症の薬に疑問
20060111093354.gif

統合失調症の症状を抑えるのに現在最も使われている手段は薬だ。1955年以前は電気ショック療法しかなかったが、その後、いろいろな薬が開発されている。

1990年代の初頭に開発された新薬「ジプレキサ Zyprexa」、「セロクエル Seroquel」などが登場する。新薬は値段が以前の統合失調症の薬に比べて10倍と高価ながら、副作用が少ないという売れこみのために人気がある。

しかし薬の効果というのは薬を開発した会社の実験によるもののみが根拠で、当然それは公平性に欠ける。そこでアメリカ政府は約43億円($43M)を出資し、これらの薬を含む新薬の試験をした。

5種類の薬を試験した。4つは新薬で、1つは旧薬(トリラフォン, Trilafon)。1460人の慢性的な患者を18ヶ月に渡り調査した。5つの薬はどれも同じくらい効果的だった。適度な処方量の場合は旧薬も新薬も同じ(症状を低減する)効果を発揮した。

ただし副作用では新薬と旧薬で差があった。旧薬では、震え、筋肉の硬化や痙攣など。新薬ではこれらの症状は目立たないものの、体重の増加、血糖値の上昇、コレステロールの上昇などが見られた。

そして5つの薬とも(新薬も旧薬も)患者を満足させなかった。75%の患者は治療を止めてしまった。その理由は症状が改善されない、または副作用のため。

ふーん、新薬はそれなりに旧薬よりは副作用が許容されやすいものになってるんだな。これは論文を読んで数値の差をはっきりと比べてみたいね。ちなみに引用元はこの雑誌。Scientific American Mind:
一部をネットで読める。Schizophrenia Drugs Questioned

ところで薬の効果を開発した会社が試験するというのは確かに信頼できないよな。そのへんはこの本に詳しく書いてある。この本はそのうちに詳しく紹介したい。


Elliot S., Ph.D. Valenstein

Blaming the Brain: The Truth About Drugs and Mental Health


--------------
検索キーワード:心理学、臨床心理、clinical psychology, Donald F Klein, Columbia university, zyprexa, seroquel, 精神分裂病、schizophrenia drugs, Jeffrey A Lieberman, prozac,

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
総合失調症
日本の事情はほとんど知りません。あしからず。何か参考になるものを見つけたらそのうちにどこかで紹介するかもしれません。
2006/05/16(火) 06:09:07 | URL | 綺麗山 #-[ 編集]
電気ショックってそんなに昔に行われていたものなんですね。
2009/04/11(土) 15:11:26 | URL | 統合失調症 とうしつブログ #bKYe7CQo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://psychnote.blog11.fc2.com/tb.php/114-21dac438
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

ブログ(blog)ならFC2
アクセスカウンター Total
アクセスカウンター Today
アクセスカウンター Yesterday
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。